頭痛の原因を探ることが改善の手がかりや病気の発見に繋がる

頭痛に悩んでいる方へ頭の痛みを和らげる

痛みの前兆がある

頭痛

多くの女性を悩ませているのが片頭痛です。この原因だといわれているのが血管の拡張で、それによって神経が炎症を起こすと考えられています。片頭痛の場合は前兆が表れることもあるのでそれを見落とさないようにしましょう。

もっと読む

ストレスが原因で起こる

カウンセリング

頭痛の中でも一番多くの人を悩ませているのが緊張型頭痛です。これは後頭部から締め付けるような痛みを感じるというものですが、痛む時間はそこまで長くありません。原因は体や心のストレスが重なることです。

もっと読む

激しい痛みが続く

ドクター

頭痛の中でも症状が酷いといわれているのが群発頭痛です。この症状は男性に多くみられるもので、のたうち回るほどの激しい痛みに数ヶ月悩まされます。一度症状が治まっても半年や数年で発作のように再発するのです。

もっと読む

他の病気が原因になる

ウーマン

頭痛が長引いている場合は他の病気ではないかと疑ってみましょう。くも膜下出血や脳腫瘍がある場合はいつもの頭痛と違った強い痛みを感じます。また、吐き気や痙攣を伴っているときも要注意です。

もっと読む

うつ病と頭痛の関係

笑顔の女の人

頭痛薬を飲んでいても症状がよくならないという場合はうつ病の可能性も考えましょう。うつ病はこころの病気だから関係ないと思われがちですが、この病気になった人の約半数以上が頭痛や体の痛みを感じているのです。

もっと読む

頭痛の種類

看護師

15歳以上の日本人の3分の1は頭痛もちだといわれるほど、頭痛というのは私達にとって身近な症状です。そのため市販でも多くの頭痛薬が出ていて、頭痛もちの人のなかには薬がないと不安になるという人もいます。また、身近な症状なので我慢してしまうという人も多いですが、大きな病気のサインになっている場合もあるので軽く考えてはいけません。また、頭痛の原因は人によって違っていて原因を知らずに対処してしまうと悪化させてしまう場合もあるのです。まずは、どんな原因で症状が出てしまったのか確かめてみましょう。
他の病気が原因というわけではなく繰り返し起こるような日常的な頭痛と、脳や体の病気が原因で起こるものがあります。日本人の約80%は日常的なものだといわれており、片頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛などがこれに含まれています。片頭痛のというのは頭の片方だけに痛みを感じるというもので、同時に吐き気を感じることもあります。この症状で悩んでいる女性は多く、遺伝する場合もあるようです。なぜ、この痛みが起こるのかというと、急な血管の拡張によって周囲の神経に刺激となってしまうためだと考えられています。緊張型の場合は頭が締め付けられるような鈍い痛みを感じるでしょう。これは、首や肩、側頭部などの筋肉のコリに影響を受けているものです。そういった部分の筋肉が緊張して凝ってしまうと血の廻りが悪くなり痛みを引き起こします。また、めまいやだるさを一緒に感じることもあるでしょう。群発頭痛の場合は、今までよりも大きくて激しい痛みを感じます。これは男性に多くみられる症状で発症するのは1万人に一人だといいます。この症状の厄介なところは一度症状が出ると数日間毎日強い痛みを感じるということです。転げまわるほどの強い痛みを感じるという人もいるほどで、原因は目の後ろ側にある血管の拡張が原因だといいます。
脳の病気が原因の場合はくも膜下出血や脳腫瘍、髄膜炎など大きな病気によって引き起こされており、かなり危険な状態だというサインでもあります。頭の痛みだけでなく、吐き気や手足のしびれなどが一緒に起こる場合も多いので、そういったときはすぐに医療機関を受診するようにしましょう。また、心の病気だと思われがちなうつ病の場合でも頭の痛みを感じることがあります。頭痛薬を飲んでいてもなかなか痛みが治まらないという場合はうつ病で引き起こされている可能性も考えましょう。うつ病の場合は問診で痛みについて聞かれないことも多く見落としがちなのですが、約70%の人が頭や体の痛みも感じているといいます。体の不調だけではなく、ストレスも頭痛の大きな要因の1つなのです。