頭痛の原因を探ることが改善の手がかりや病気の発見に繋がる

ウーマン

うつ病と頭痛の関係

笑顔の女の人

頭痛を引き起こす病気として一番有名なのがくも膜下出血でしょう。テレビでもよく取り上げられるこの病気は、くも膜の下にある血管が破裂して出血し軟膜との間に血液が溜まってしまうのです。血管が破裂するときに衝撃を受けるような痛みを伴うこともあり、その頭痛がきっかけで早期発見できたという人もいます。こういった脳の病気の他にも頭痛を引き起こす病気があるのです。意外と知られてはいませんが心の病気として有名なうつ病も頭痛を引き起こします。うつ病になった人の約60%は何かしらの体の痛みを訴えていて、その中でも頭痛が一番多いのです。もし、内科や外科で調べてもらったのに頭痛が治らないという場合は、このうつ病の可能性を疑いましょう。
うつ病で頭痛が引き起こされる原因というのはまだ詳しく解明されてはいません。しかし、脳内にあるモノアミンというものが原因だと考えられています。モノアミンというものはセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンといったものの総称です。こういった物質が少なくなるとやる気がなくなったり、落ち込んだ気分になったりするのです。また、モノアミンは気分に左右するだけでなく、痛みを抑えるという働きにも関係があるのです。モノアミンのなかにあるノルアドレナリンはたくさん放出されると痛みを和らげてくれます。また、神経の伝達物質であるセロトニンにも痛みを抑える働きがあるのです。それら両方が減少しているので、うつ病になってしまうと体のいろいろな部分の痛みを感じやすくなるのです。